簡単てづくりコドモフクのススメ

自分のこどもにおようふくをつくってあげたい☆そんなママさんを応援します ”超簡単コドモフクの作り方講座”

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

生地合わせ



生地にはいろんな種類がありますが、これを組み合わせることにより、さらに
違ったパターンが楽しめます。

最初はリバーシブルものを作ることがおすすめですと前述しましたが、この
場合は、無地+柄物 での組み合わせがいいです。

柄物はその柄だけで存在感を引き出しますが、無地はワンポイントにアップリケ
やポケットをつけることでまた違ったイメージを引き立てます。

プラスアルファの楽しみがあるのは    無地。
柄のかわいさを前面に押し出したいときは 柄物。

このように布合わせをすることで、オリジナル感がさらに引き立ちますよ。
スポンサーサイト

| 生地合わせ | 00:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

パターン別イメージ

■無地と柄物をあわせるとこんな感じになります。
柄+無地

色が同系色でなくても、面白い組み合わせが生まれます。
いろんな布を合わせていくと、これとこれがぴったりだという組み合わせに出会えます。


■無地に1ポイントをつけるとこんな感じになります。
無地*1ポイント

シンプルなベージュのダブルガーゼですが、羊毛フェルトやインドビーズを乗せることで
すっかりイメージが変わります。
アップリケを乗せたりバテンレースを置いてもガラっとかわりますよ。


■柄物と柄物でも合わせ方によってはキレイに見える組み合わせもあります。
柄+柄

どちらかにひとつ同じ色を取り込むことで、柄同士がケンカせず、うまく融合できる
ようになります。

とはいってもこれはそれぞれの感覚の違いになるので、やりたいなと思うものを
優先するようにしてくださいね。

| 生地合わせ | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |