簡単てづくりコドモフクのススメ

自分のこどもにおようふくをつくってあげたい☆そんなママさんを応援します ”超簡単コドモフクの作り方講座”

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

接着芯を選ぼう

接着芯
これが接着芯というものです。

接着芯は、布地に張りをもたせたり、洋服のカタチ崩れを防ぐために裏に貼る布のことです。貼る表の生地によって、接着芯の種類も変わってきます。写真の右手はニット地用の伸びのあるもの、左手はけっこう張りのある繊布ですが、あんまり細かくこだわらないで、使ってもいいかと思います。

慣れてくると、あーちょっとこれには弱かったかな、強すぎたかなというカンがわかるようになります。

こだわりすぎないで、と書きましたが、いざ買いに行くとどんなのが必要ですか?と聞かれると思いますので参考までに接着芯の種類を書いて見ます。


まず、接着芯とは、裏に接着剤がついた芯地のことをいいます。接着剤のついた方をメインの布地の裏にアイロンでぺたっと貼り付けて、丈夫にする役目があります。

このとき、接着剤のついた方を上にしてアイロンをかけてしまうと、接着芯がアイロンにひっついてしまいます(泣)。こんな失敗をしないためにも、アイロンをかける直前に、ザラザラしたほうが下になっているか、は最低限確認してアイロンをしてくださいね。もし手でわからなければ、明るいところで生地を見て、キラキラしている方が糊のついた面になります。それを下にして貼るとOKです。

管理人は最初のころ違いが分からずけっこうアイロンに貼り付けてしまいました。つけた瞬間だとアイロンからはわりかし外れやすいですが、遅くなるとのりが効いて外れにくくなるのでお気をつけください。

■接着芯はどれくらい必要?
基本的に表のメインの布地とデザインに合わせて選びます。
コドモフクの場合は、ポケットや肩の部分、後はコートやジャケットの見返し部分につけることがほとんどです。たまにヨークの部分全体に貼ることがありますが、ほとんどは少ししかつかいません。

まして、コドモフクなので、ヨーク全体に使ってもほとんど減りません。ですので、一度1m購入すると、しばらく使えますよ☆

■接着芯の種類
①万能選手、布で出来た布芯:白く裏に接着剤が貼っています。普通の布のように布目があります。
②不織布(ふしょくふ):厚みがあるので、バッグや小物などに使われています
③ハードタイプ:②よりも硬く張りのある接着芯で、特にかっちりと仕上げたい帽子のつばなどに使います
④ニット用:伸縮性のある接着芯で、伸びのあるニット生地に使います
⑤キルト用:やわらかい綿付きの接着芯で、パッチワークや小物などふんわり仕上げるのに使います

私がこの中で持っているのは、①と④です。

①はちなみにいろんなタイプがあるのですが、無難な薄めのものを1枚購入するといいと思います。もし貼ってみてこれじゃあまだペラペラだなあ、頼りないなあと感じたら、再度同じ部分に接着芯を貼ります。これで先より強くなるはずです。

また、④は表地がニット地ならばぜひこちらを使ってほしいと思います。ニット地は伸びるので、表面のニットだけ延びて接着芯が伸びないと、外れてしまう恐れがあるからです。

■接着テープとの違い
製作レシピによっては、接着芯と接着テープを用意するよう書かれているものもあります。テープは単に接着芯をテープ状にしただけのもの。ですので、要は接着芯を細く切れば接着テープになるんです。ですので、接着芯さえ買えばテープは買う必要がありません。

管理人も最初は知らなくて買ってみましたが、全く使うことがありません。接着芯の細かい端切れで十分間に合いますし、この方が好きな幅と長さに切れるので使いやすいです。

| 接着芯の選び方 | 14:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://happytezukuri.blog.fc2.com/tb.php/42-74dc2470

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>